渦流型 自動硬さ検査/異材判別 装置 「HM-200」

HM-200

焼入れ硬さ検査  ⇒ HMCseries

異材混入判別検査 ⇒ DMC series


製品概要

焼入れ硬さ(HMC series)、異材混入(DMC series)の2つの検査に対応。
渦電流の変化を利用した非破壊検査方式で、簡単に良否判別、選別を行えます。

 測定原理/方法

試験周波で励磁された2個の検出コイルの一方に硬度材質の特定された
マスター(比較基準品)をコイル中央に置き、もう一方のコイルに検査すべき
ワーク(検査対象品)を投入し、ワークがコイルを通過中に磁気的特性を比較することで
ワークを傷つけず、焼入れ硬さの異常や異材混入を迅速に検出判別できます。
HM-200測定原理
 シーソーのイメージ


用途及び測定対象

用途:生産管理、品質管理
測定対象:ベアリング等、鋼材加工部品


特徴

■ 7インチ液晶で、設定・測定結果が分かりやすい
特徴1-OK品
特徴2-上限NG
特徴3-下限NG
■ 最適な検出コイルを選定します
  お客様の検査対象ワークの大小に応じて、最適な検出コイルを選定・ご提案致します。
硬さ計


仕様

● 本体寸法:H450 × W205 × D315 mm    ● 電源  :AC100V ~ 220V
● 重量  :約12Kg(コイル含む)       ● 消費電力:50W以下
● 表示  :7インチ液晶ディスプレイ
● 設置環境:温度変化が小さく、周囲に強磁界を発生する装置が無い場所

 

Copyright(c) 2013 HME All Rights Reserved.